シャンパーニュなんかこわくない

ポメリーブリュットロワイヤルNV

 

ポメリーブリュットロワイヤルNV

 

 

 

 

 

む・・・・・・・・・うまい

 

 

 

 

 

なんてね。時代小説の主人公みたいなセリフ一発決めて終わるとか一度やってみてもいいかもね。

そもそも食いものの美味い不味いなんかをクドクド語るなぞ日本男子の風上にも置けないチェストー。とか言われそう。

 

そうじゃなくとも【ワイン=オシャレ】なんて歪んだイメージがついて回ってるのに!

シャンパーニュと来た日にゃ言ってみりゃオシャレの猛者でしょ。

 

フロートグラスに注ぐと綺麗な泡だち。微かに檸檬色が漂う透明な色。<幸せ>の象徴と呼ばれる泡が立ち上ってくる姿の美しさ。<天使の拍手>とも評されるはぜる音。逆に際立つ静寂。豊かな香りを感じながら静かに口に含めば広がる、果実味、酸味。豊かな余韻。(注1)

 

うーん。オシャレ猛者

 

「こんなものを飲むとは貴様それでも日本男児か!チェストー」

 

すんませーん

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図行きます。

 

シャンパーニュ地方はパリから北東約140km。都市名で言えばランスのあたり。ちなみにポメリー社はランスで1836年に誕生したそうな。

 

テイスティングコメント行きましょうか。

アッサンブラージュはシャルドネ34%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ33%

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVグラス

 

 

 

 

 

 

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

細(こまけ)エ粒の泡立ち、色は透明感のあるレモンイエロー。メロン、レモン、チョコレート辺りの力強(づえ)エ香り。味わいは果実味、フレッシュな酸味、どっちも大ありで。少(すこう)しの丸い苦味も。アルコール感は十分(たんまり)。旨(うめ)エ葡萄酒でござんす。旨(うめ)エんですが・・・・・。

 

・・・・・シャンパーニュですからね。まあ美味しくて当然でしょう・・・・・でも1000円〜1300円位のカバと比べて3倍うまいかというとそれはちょっと・・・・実を言いますとね・・・・スパークリングワインの美味い不味いってよくわからない。わはは。・・・・スティルワインみたいにわりと露骨に価格で味が上下しませんね・・・・・・・・・・・・・・・3200円代(注2)という価格がその価格相当の価値があるのかないのか?

 

 

 

む・・・・・・・・・

 

 

 

結論出さないでごまかしちゃお

 

 

 

む・・・・・・・・・

 

 

 

この「む・・・・・・・・・」って何も考えてないのに考えてるふうに見えますね。便利だこりゃ。

 

 

 

 

(注1)ここの文章表現、柄にもなくガンバりました。頑張りすぎてくしゃみが止まらなくなりました。ヘ-ックショイ!幸せの象徴だの天使の拍手だの、何言ってやがんのかね本当(ントウ)に。

(注2)これだって破格値ですけどね。ネット酒屋さんはたまにこういうの出してきますね。底力見る思いです。

【2019年9月21日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

カタルーニャなんかこわくない2

フレシネコルドンネグロブリュット

はいカバです

最近どいつもこいつもカバのことをカヴァって書くけれど。

スペイン大使館経済商務部の見解ではカタカナ表記の場合は「カバ」でしょうってことですよ。(注1)

カヴァなんてかっこつけるよりカバ
書いたほうがワインバカの書くブログによくマッチするだしょ。
で、このブログ主のワインバカはカバが大好き。

大好きとは言いますがカバを(スパークリングワインを)日常的に飲むようになったのは実は最近の話。をいをい、ワイン愛好家が聞いてあきれる。

なぜ今まで飲んでなかったか?
シャンパングラス持ってなかったから

こういうこと言うとワインバカ以外の(賢明で健康で聡明な)一般の皆様から
「??????????」
てな反応される

グラスで味も香りもすごく変わるんだよー!(注2)
て説明するのもチョーめんどいのでワインバカ界の常識説明には最近はこのブログ読んでくれということにしている。
※ついでにPV向上にご協力くださーい。

 

で、さて
スパークリングワインの美味しさに目覚めちゃったワインバカ顧問は
カバにはまってます。シャンパーニュのスパークリングなんて高くて
買えたもんじゃないのでもっぱらカバです。

フレシネコルドンネグロDOカバ

フレシネコルドンネグロブリュットボトル

 

 

 

 

 

 

 

フレシネコルドンネグロブリュットエチケット

 

 

 

 

 

 

 

スパークリングワインをシャンパングラスに注いでその音を聞くってのは人生の楽しみの10のうちの1つに間違いなく入るね。
なんて言うかなあ、静けさを楽しむとでもいうかな。
しかも今回フラシネ買ったらアラザン(注3)がおまけについてきた
入れましたよもちろん。
YouTubeにアップしておいたのでご覧ください。

 

 

アラザンを入るとさらに沢山の泡立ち。
泡立つ音もひときわ高くなって・・・
ああっ!もうっ!かばっ!

つまんないテイスティングコメント書いたりするより動画をずっと見ていたい気分

フレシネコルドンネグロブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

フレシネコルドンネグロブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

一応コメント
ブドウ品種はパレリャーダ40% マカベオ35% チャレロ25%ときたもんだ
きれいなグリーンイエロー。
レモンに似た香り、ただし香りは控え目。
口の中で泡の細かさをはっきり感じる。
アルコール感も十分。

ああおいしかった。
じゃまたね。チャオ!
一応スペインのワインなんで西班牙風に。

(注1)故小林史高先生のWEBワイン講座より
(注2)カリフォルニアなんかこわくない参照ください
(注3)洋菓子の装飾に使う銀玉つぶつぶ

【2016年9月10日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

カタルーニャなんかこわくない

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャ

はい、カバです。

ヒポポタマスじゃないカバです。

ぴくぴくする耳が愛らしいカバじゃないほうのカバです。

実は結構獰猛で野生動物からの攻撃による人間の死者数は、カバによるものが最も多いと言われている。アフリカでは1年あたり約2900人がカバに襲われて死亡している(出典Wiki)
そっちのカバじゃないほうのばかです。違った。カバです。

スペインのスパークリングワインのカバです。
クロ・モンブラン・プロジェクト・クワトロ・サクラという名のばかじゃなかったおっとっとカバです。

 

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャボトルクロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

クロ・モンブランという造り手は結構有名らしい。
けど顧問は無知なので知らない。最近までスパークリングワインに興味なかたからねえ。
よくあるでしょ、乾杯だけスパークリングワインを出すようなパーティー・・・・美味しいと思ったこと一度もなかった。

そもそも夏はワインを飲まないと決めていたんですよ。

冷蔵庫で急冷すると赤も白もやっぱり美味しくないし。
貧乏だからワインセラー買えないし。
でもワイン飲まないとブログ書けないし。

何のためにワイン飲んでるんだって?
ブログ書くためだよー\(^-^)/

スパークリングってのはそもそもキンキンに冷やして飲むもんだから、冷蔵庫の振動も急冷も関係ないやい。
なにか?
スパークリングワインに詳しい方、間違ってたらごめんなさい。

プロジェクト・クワトロの意味はカタルーニャ地方の4つのブドウ品種をアッサンブラージュしてるからだって。

ブドウ品種はトレパ80%、ピノ・ノワール15%、ガルナッチャ3%、モナストレル2%

ということでワインの名前だけでこんなに引っ張ってしまった。
カバって楽しい

さて抜栓です

スパークリングワインに慣れてないの見え見えだな笑っちゃう。

いやあ美味しかった。ネットで煽ってたドライフルーツやイーストの香りもそうだけどベリー系やカシスの香りも感じた。正直、カベルネソーヴィニヨンのニュアンスを感じましたよ。

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャホワイトグラスクロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き生きした酸味きりっとした味わい。スパークリングワインを遠ざけてたけど、食わず嫌いだったなあ。
カバなんかこわくない!

抜栓はまだちと怖い・・・

【2015年9月27日公開 消費税8%】