フランスなんかこわくない

ポルレミブリュットNV

ポルレミブリュット2016

いやー。すごいタイトルになっちゃったなー。

生産地フランス、と来たもんだ。で、ワイン名はポルレミねえ。

 

ポルレミ

ポルレミ

ポレミ

ポメリ

ポメリー

 

 

なんてね。

エチケットが似てるわけじゃないので、デザインの剽窃などという物騒なことは何もないんだけれど・・・なにかの意図を感じるよな、と思って裏エチケット見たらやっぱり!

インポーターはコルドンヴェール様だった!

ほんと笑かしてくれるインポーターさんですこと。わざわざ物議をかますようなワイン見っけてきて輸入するって。もう、^_^お茶目なんだから。

ポルレミブリュットNVボトルポメリーブリュットロワイヤルNVボトル

 

 

 

 

 

 

 

ポルレミブリュットNVエチケットポメリーブリュットロワイヤルNVエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、アルファベットで並べりゃ、別にね。ではございますが

 

Pol Rémy

Pommery

 

 

カタカナで並べるとそこはかとなくおかしいでしょ。

 

ポルレミ

ポメリー

 

 

ゴーツ・ドゥ・ローム(注1)とか

ゴーツドゥロームレッドボトル

ゴーツドゥロームレッドエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・シェヴァル・ノワール(注2)とか

シャトーシェヴァルノワールボトルシャトーシェヴァルノワールエチケット

 

 

 

 

 

 

 

ワイン名そのものがギャグになっているシリーズの一画に混ぜてあげましょう。

 

地図行きます

 

 

香りと味への戯言でござんす。

ポルレミブリュットNVグラス

 

 

 

 

 

 

 

ポルレミブリュットNVディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ品種はアイレンとユニ・ブラン

明るいレモンイエロー。ほどほどの発泡性。泡の粒がでけェし消えるのが早えェ。まあここいらは安スパークリング。しかし香りは十分(たんまり)、レモン、青りんご、マスカットなんてェ奴ら。初心(うぶ)な酸味(注3)甘みは全く有馬温泉でブリュットの姿まっつぐな感じ。11%ながらしっかりしたアルコール感。旨えワインでござんす。

 

「え?ポメリーって?」

はい、実はPol Rémyを発見した際、慌ててPommeryをネットで買いました。前回の記事「シャンパーニュなんかこわくない」は実は今回のための前ふりでした。

ギャグだと中傷するからにはその元ネタを知ってないとまずいと思いましてね。世界に二人と居ない泥縄野郎ですね。

800円のワインの記事のために3300円のワインを買ったのでした。実に転倒した価値観だと思われたってかまやしません、顧問は。

 

美味いワインのための手間暇は省いちゃう顧問ですが。

 

シャレとか冗談のためには命かけます。

 

 

 

(注1)ローヌ地方の広域AOC=コート・デュ・ローヌのパロディというかなんというか。ブランド誕生時にはINAOに訴えられたりして騒ぎになったみたいですが、最終的には名前の権利は獲得した。なんて経緯があるみたい。ギャグのつもりはないんでしょうがワインマニアはどうしてもニヤリとしてしまう一品ですうぷぷ。

 

(注2)サン・テミリオンの超高級ワイン、シャトー・シェヴァル・ブランのパロディというかなんというか。フランス語の「シェヴァル・ブラン」は白い馬の意。「シェヴァル・ノワール」は黒い馬の意。シェヴァル・ノワールは古くからある由緒正しいシャトーだそうでギャグのつもりなんかないのでしょうが・・・。ワインマニアはどうしてもニヤリとしてしまう一品ですうぷぷ。

 

(注3)初心(うぶ)な酸味・・・フレッシュな酸味のこってす。やり過ぎですかい?

【2019年9月28日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

シャンパーニュなんかこわくない

ポメリーブリュットロワイヤルNV

 

ポメリーブリュットロワイヤルNV

 

 

 

 

 

む・・・・・・・・・うまい

 

 

 

 

 

なんてね。時代小説の主人公みたいなセリフ一発決めて終わるとか一度やってみてもいいかもね。

そもそも食いものの美味い不味いなんかをクドクド語るなぞ日本男子の風上にも置けないチェストー。とか言われそう。

 

そうじゃなくとも【ワイン=オシャレ】なんて歪んだイメージがついて回ってるのに!

シャンパーニュと来た日にゃ言ってみりゃオシャレの猛者でしょ。

 

フロートグラスに注ぐと綺麗な泡だち。微かに檸檬色が漂う透明な色。<幸せ>の象徴と呼ばれる泡が立ち上ってくる姿の美しさ。<天使の拍手>とも評されるはぜる音。逆に際立つ静寂。豊かな香りを感じながら静かに口に含めば広がる、果実味、酸味。豊かな余韻。(注1)

 

うーん。オシャレ猛者

 

「こんなものを飲むとは貴様それでも日本男児か!チェストー」

 

すんませーん

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図行きます。

 

シャンパーニュ地方はパリから北東約140km。都市名で言えばランスのあたり。ちなみにポメリー社はランスで1836年に誕生したそうな。

 

テイスティングコメント行きましょうか。

アッサンブラージュはシャルドネ34%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ33%

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVグラス

 

 

 

 

 

 

 

ポメリーブリュットロワイヤルNVディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

細(こまけ)エ粒の泡立ち、色は透明感のあるレモンイエロー。メロン、レモン、チョコレート辺りの力強(づえ)エ香り。味わいは果実味、フレッシュな酸味、どっちも大ありで。少(すこう)しの丸い苦味も。アルコール感は十分(たんまり)。旨(うめ)エ葡萄酒でござんす。旨(うめ)エんですが・・・・・。

 

・・・・・シャンパーニュですからね。まあ美味しくて当然でしょう・・・・・でも1000円〜1300円位のカバと比べて3倍うまいかというとそれはちょっと・・・・実を言いますとね・・・・スパークリングワインの美味い不味いってよくわからない。わはは。・・・・スティルワインみたいにわりと露骨に価格で味が上下しませんね・・・・・・・・・・・・・・・3200円代(注2)という価格がその価格相当の価値があるのかないのか?

 

 

 

む・・・・・・・・・

 

 

 

結論出さないでごまかしちゃお

 

 

 

む・・・・・・・・・

 

 

 

この「む・・・・・・・・・」って何も考えてないのに考えてるふうに見えますね。便利だこりゃ。

 

 

 

 

(注1)ここの文章表現、柄にもなくガンバりました。頑張りすぎてくしゃみが止まらなくなりました。ヘ-ックショイ!幸せの象徴だの天使の拍手だの、何言ってやがんのかね本当(ントウ)に。

(注2)これだって破格値ですけどね。ネット酒屋さんはたまにこういうの出してきますね。底力見る思いです。

【2019年9月21日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

カタルーニャなんかこわくない3

トップバリュリゴルエクセレンシアブリュット

はい、カバです。

またもやイオンさんのPB。今度はスパークリングワイン

カバ

リゴル・エクセレンシア・ブリュットです
以前フレシネ買ったときにアラザン(注1)がおまけに付いていたことがあって、入れたら泡立ちの音がでかくなって、アラザンが上下に浮き沈みする姿が面白くて・・・・

もう一度やりたいっ

と100均でアラザン買ってきてわざわざ入れてみました。

いつものようにYouTubeにアップしといたんでご覧ください。
(音声大きめでね)

 

 

 

ワインバカじゃなくてバカ丸出し。
これに比べると普段の顧問の文章なんてまあ作為に満ちてること。
反省しきりです。笑いって難しい。(笑)

 

さて、失敗したので入れなおしてみたのですが、
銀玉が大きすぎたのか入れ過ぎたのか・・・

 

 

 

 

しっかしひどいね、ひど過ぎ。
ワインに対する冒とく以外の何物でもないね。

食べ物、飲み物を玩具にしちゃいかんよね。
よい子は絶対まねしないように。
よい大人もまねしちゃダメですよ

よい大人のやることとは

せいぜい泥酔したり
泥酔して笑ったり
泥酔して泣いたり
泥酔してベンチで寝たり
泥酔して駅で転んで、スーツ破いてぼろぼろのスーツでタクシー乗り込んで「お客さん大丈夫ですか?」と不気味がられる、
程度で押さえておかないとね。

よい大人はね。(  ̄▽ ̄)

トップバリュリゴルエクセレンシアブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

入れ過ぎたアラザンのせいで味も香りもなんだかわからなくなってしまったので
後日テイスティングし直しました。
写真も撮り直し

トップバリュリゴルエクセレンシアブリュット

 

 

 

 

 

 

 

トップバリュリゴルエクセレンシアブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

トップバリュリゴルエクセレンシアブリュットディスク

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ品種はマカベオ、チャレロ、パレリャーダだって。カバってこのお三方ばっかりだな。
色はレモンイエロー、細かい泡がはつらつとしている。
グレープフルーツやリンゴ等の果実の香りがGood !
フレッシュな切れのある酸味とかすかな苦味。軽いアルコール感。

いやあ美味しいなあこれで900円台なんてね(注2)

お食事いらないな、ワインだけで楽しめる。
低価格ワインで、ワインだけですいすい行けちゃうなんて初めてだな。

ところで安くて美味しい400円台の話はどうなったのかって?
いや探してますよ、探してますけどね。

やっぱり「ウヒャア」「ドヒャア」のワインが多くてね
「うひゃひゃ」ワインになかなか当たらない。

気長に待っててね。

 

(注)
(注1)洋菓子装飾用、砂糖でできた銀玉つぶつぶ。
(注2)2016年12月現在イオン店舗にて。税込。

【2016年12月31日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

カタルーニャなんかこわくない2

フレシネコルドンネグロブリュット

はいカバです

最近どいつもこいつもカバのことをカヴァって書くけれど。

スペイン大使館経済商務部の見解ではカタカナ表記の場合は「カバ」でしょうってことですよ。(注1)

カヴァなんてかっこつけるよりカバ
書いたほうがワインバカの書くブログによくマッチするだしょ。
で、このブログ主のワインバカはカバが大好き。

大好きとは言いますがカバを(スパークリングワインを)日常的に飲むようになったのは実は最近の話。をいをい、ワイン愛好家が聞いてあきれる。

なぜ今まで飲んでなかったか?
シャンパングラス持ってなかったから

こういうこと言うとワインバカ以外の(賢明で健康で聡明な)一般の皆様から
「??????????」
てな反応される

グラスで味も香りもすごく変わるんだよー!(注2)
て説明するのもチョーめんどいのでワインバカ界の常識説明には最近はこのブログ読んでくれということにしている。
※ついでにPV向上にご協力くださーい。

 

で、さて
スパークリングワインの美味しさに目覚めちゃったワインバカ顧問は
カバにはまってます。シャンパーニュのスパークリングなんて高くて
買えたもんじゃないのでもっぱらカバです。

フレシネコルドンネグロDOカバ

フレシネコルドンネグロブリュットボトル

 

 

 

 

 

 

 

フレシネコルドンネグロブリュットエチケット

 

 

 

 

 

 

 

スパークリングワインをシャンパングラスに注いでその音を聞くってのは人生の楽しみの10のうちの1つに間違いなく入るね。
なんて言うかなあ、静けさを楽しむとでもいうかな。
しかも今回フラシネ買ったらアラザン(注3)がおまけについてきた
入れましたよもちろん。
YouTubeにアップしておいたのでご覧ください。

 

 

アラザンを入るとさらに沢山の泡立ち。
泡立つ音もひときわ高くなって・・・
ああっ!もうっ!かばっ!

つまんないテイスティングコメント書いたりするより動画をずっと見ていたい気分

フレシネコルドンネグロブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

フレシネコルドンネグロブリュットグラス

 

 

 

 

 

 

 

一応コメント
ブドウ品種はパレリャーダ40% マカベオ35% チャレロ25%ときたもんだ
きれいなグリーンイエロー。
レモンに似た香り、ただし香りは控え目。
口の中で泡の細かさをはっきり感じる。
アルコール感も十分。

ああおいしかった。
じゃまたね。チャオ!
一応スペインのワインなんで西班牙風に。

(注1)故小林史高先生のWEBワイン講座より
(注2)カリフォルニアなんかこわくない参照ください
(注3)洋菓子の装飾に使う銀玉つぶつぶ

【2016年9月10日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

カタルーニャなんかこわくない

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャ

はい、カバです。

ヒポポタマスじゃないカバです。

ぴくぴくする耳が愛らしいカバじゃないほうのカバです。

実は結構獰猛で野生動物からの攻撃による人間の死者数は、カバによるものが最も多いと言われている。アフリカでは1年あたり約2900人がカバに襲われて死亡している(出典Wiki)
そっちのカバじゃないほうのばかです。違った。カバです。

スペインのスパークリングワインのカバです。
クロ・モンブラン・プロジェクト・クワトロ・サクラという名のばかじゃなかったおっとっとカバです。

 

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャボトルクロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャエチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

クロ・モンブランという造り手は結構有名らしい。
けど顧問は無知なので知らない。最近までスパークリングワインに興味なかたからねえ。
よくあるでしょ、乾杯だけスパークリングワインを出すようなパーティー・・・・美味しいと思ったこと一度もなかった。

そもそも夏はワインを飲まないと決めていたんですよ。

冷蔵庫で急冷すると赤も白もやっぱり美味しくないし。
貧乏だからワインセラー買えないし。
でもワイン飲まないとブログ書けないし。

何のためにワイン飲んでるんだって?
ブログ書くためだよー\(^-^)/

スパークリングってのはそもそもキンキンに冷やして飲むもんだから、冷蔵庫の振動も急冷も関係ないやい。
なにか?
スパークリングワインに詳しい方、間違ってたらごめんなさい。

プロジェクト・クワトロの意味はカタルーニャ地方の4つのブドウ品種をアッサンブラージュしてるからだって。

ブドウ品種はトレパ80%、ピノ・ノワール15%、ガルナッチャ3%、モナストレル2%

ということでワインの名前だけでこんなに引っ張ってしまった。
カバって楽しい

さて抜栓です

スパークリングワインに慣れてないの見え見えだな笑っちゃう。

いやあ美味しかった。ネットで煽ってたドライフルーツやイーストの香りもそうだけどベリー系やカシスの香りも感じた。正直、カベルネソーヴィニヨンのニュアンスを感じましたよ。

クロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャホワイトグラスクロモンブランプロジェクトクワトロサクラカタルーニャディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き生きした酸味きりっとした味わい。スパークリングワインを遠ざけてたけど、食わず嫌いだったなあ。
カバなんかこわくない!

抜栓はまだちと怖い・・・

【2015年9月27日公開 消費税8%】