ソムリエナイフなんかこわくない2

イケア1イケア2

最近シングルアクションオールステンレスのソムリエナイフを購入しました。

その件のレポートを垂れ流させていただきます。

家内とIKEAの朝食を食べに行ってついでにショールームとマーケットホールを流して(注1)

食器のコーナーに辿り着いたら、やっぱりワイングラス等のワインアクセサリーを見ちゃうのはマニアの性ってもんでして。

そこで見つけましたオールステンレスのソムリエナイフを。実用本位だったら2段式、とか強がってる顧問でしたが本当は欲しかったのよね、ちゃんとした1段式の奴を。でもさ高いんだよシャトーラギオール辺りの。んっまんえんもするんだぜ、水牛の角使ってますとか強化木使ってますとかあの辺りのやつ。

ワインのコルクを抜くためだけの道具がだよ。そりゃねソムリエさんだったら商売道具だからね、出してもいいと思うよね商売道具なんだから。でもこちとらただの趣味だしね

だからシングルアクションソムリエナイフなんて別に必要ないさっ。フン。欲しくなんかないさっ。フン。シクシク。なんて毎日泣いていたらIKEAで見つけました。

 

あっ、あれは?ソムリエナイフではないか?

しかもどうやらオールステンレス。

プライス確認して・・・・

 

あに?あんだって?

 

599円だあ?

 

買いました。

 

使ってみました。

 

・・・・・・・点点点、ててん、てんっと。

 

先ずナイフの先端が全然鋭利じゃない。切れない。

 

仕方ないからギザギザの部分全体を使って、瓶を回して切り込みを入れる(注2)

 

次にスクリュー差し・・・差し・・・差しすせそ。

刺さんないぞ!?

スクリューを回し・・・回し・・・回しすせそ。回せないぞ!?

 

このまま続けるとコルクがグチャグチャになって歴史的大悲劇が発生しかねない。(注3)

 

慌てて抜いて使いなれたプルタップス2段式でリカバリー。どうなってんだ?

 

スクリューを改めて見てみました。

プルタップス1
愛用のソムリエナイフ(プルタップス)
プルタップス2
のスクリュー

 

 

 

 

 

イケア3
IKEAの残念なナイフ
イケア4
のスクリュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太くないか?商品テストとかしてるのかこのナイフ?

スウェーデン人はこんなソムリエナイフでも

コルク抜けるんかドンドン。

 

まあ本当はね、嫌な予感はしてたんですよ。

見た目はそうでもないんだが持った感じ、なんとも言えないチープ感が(注4)

試しに磁石近づけたら、しっかりくっつくし。(注5)

絵に描いたような安物買いの何とやら。

 

しかしここで敗退したままだとタイトルに偽りありになってしまうので・・・

このナイフを改造してやることにしました。

 

「こわくない」って言い切ってんだから

「こわくない」ようにせねばねばねばぎぶあっぷ。

 

そこで取り出しましたるこの道具、ダイヤモンドシャープナー

 

イケア5

 

 

 

 

DIY界隈じゃ有名人のこの道具。

こいつを使ってこんな感じで

イケア6

イケア7イケア8

 

 

 

 

研磨研磨。

イケア9

 

 

 

 

 

 

後日、大和酒造の『古代甲州』という高名なワインのコルク抜きに使ったら

 

刺さる、ささるよ!

回る、回るよ!

 

イケア10

 

 

 

 

 

 

わたくしってなんて前向きなんでしょう

 

と、いつものように自画自賛してノッテいた気分もつかの間

 

ゴリっという感触が?

 

瓶口にとんでもない負荷が、傷が!

イケア11
2本の傷わかる?

 

 

 

 

 

 

 

※多分よく分からないと思ったので、飲み終わってから接写しました。抜けることは抜けたけど、どうなってんだ。

プルタップス3
愛用のソムリエナイフの瓶に掛ける部分

 

 

 

 

 

 

 

 

イケア12
IKEAの瓶に掛ける部分

 

 

 

 

 

 

 

 

プルタップスとイケア
並べてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓶に乗っかる部分のステンレスの厚みが薄すぎるし長さも浅すぎる。だから力の加わる部分が局所過ぎて凶器になってたんだな。

 

だめだこりゃ。ちゃんとしたの買お。

 

結論

 

ソムリエナイフなんてこわくない、なんて言えない。

 

ものによっちゃ怖い・・・怪我する

 

 

 

(注1)そうです買い物はついで。メインは朝ごはん。IKEAに行く皆さんそうですよね?

(注2)手首を返すんでもなく、ナイフを返すんでもなく、瓶を回しちゃうってアリだな。なんで思いつかなかったんだろう。切れないナイフのお陰で新しい技を開拓してしまった。

(注3)コルクがボトルの中に落っこちる例のあれ。

(注4)ま、実際安いんだけどさ^_^

(注5)後で調べたんですが磁石の付くステンレスは安物って、単なる神話だそうです。こんなことしてもステンレスの良い悪いなんざわかりません。ご注意ください。

【2018年6月17日公開】

 

 

 

 

 

 

 

ソムリエナイフなんかこわくない

はい
今回はソムリエナイフの使い方についての考察です

ユーチューブあたりでよくソムリエのカッコいい技がアップされてたり
するけど早すぎてちっともわからない。

家のみ派のための実戦(シロウト)ソムリエナイフ講座がこれだ!


ワインの解説本あたりに「キャップシール4分の3を時計回りに切り取って残り4分の1を手首を返して!!!切り取る」
などと書いてある

ナイフを裏返せばいいじゃん!

あるいは
「スクリューをコルクの真ん中に刺す」
ために最初は横に刺し次に垂直に起こす
などと書いてある
しかしこのやり方だとかなり高い確率で失敗するのは
なあぜ?
やってみりゃすぐわかるよ微妙な位置関係と起こす位置によって
えらくずれたところをスクリューが回っているという現実が

最初から中心を回るようにスクリューの位置を決めればいいのに
その際スクリューの先端なんか見えないほうがいいのよ
どうゆうことかというと
わかりやすくするためスクリューの中に爪楊枝を入れてみました。

ソムリエナイフスクリュー先

スクリューの先端とスクリューの中心部がこれだけずれてるってことですよ
でさっきの動画で開けた後のコルクはこんな感じ

コルクスクリュー跡


明かに刺しているのは中心部じゃないでしょ
横に刺し次に垂直に起こすやり方でも
何回かに数回は中心を回せるでしょうよ。
でもなぜなの?
実質的なスクリューの入る位置として真ん中を回避できたので
結果として中心を回せたってことなんじゃないの?
だったら最初から中心を回せるように刺せばいいじゃん。

もう一つ
スクリューの回し方(時計回り)の反対にスクリューを刺し
(刺すというより埋めるというイメージ)
改めて時計回りを始めるというやり方もあって
これはこれで有効な技なんだけれどすでにユーチューブで紹介されてるので
二番煎じになっちゃうんで触れません。

ということで顧問のおすすめは【上から見て位置を決める】
オリジナリティ大切にしないとね

何より斬新でしょ!
かっこよくはないけどさっ!
あと最後のひと回しを残して一度コルク引き上げをしない
一気に最後まで行くってのは2段式のソムリエナイフだから
出来ることなので念のため。
1段式だと届かない場合が出てくるよ。

【2016年6月15日公開】