ジュブレ・シャンベルタンなんかこわくない

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011

今回もブログタイトルは「ブルゴーニュなんかこわくない」は使いません。AOC(要は村の名前と考えといて)をまんま付けました。

そゆ訳で先に地図貼っちゃったりして。


ブルゴーニュの村名・・・・だとう貧乏人の癖にちょっと高めのワイン飲んだ自慢かい!

ちっ、顧問もヤキが回ったな。

とか思わんでください。これには深い事情がございましてね

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011ボトルアルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011エチケット

 

 

 

 

 

 

 

5000円を超えるような高額な、売れ残ったワインを特価で処分販売てのは、スーパーでよく見る光景だけど、デパートあたりに入っているワイン屋さんじゃあまり見ない光景ですね。

なぜかっていうと5000円を超えるようなワインは長期熟成する可能性があるわけで。

※無理して売らんで寝かせておくか、と言う判断もありなわけで。

スーパーってとこは鮮度と回転が全ての世界だから売れないでデカイ面しているワインとかは

許せない!

と思うのかね。どうなんだろう?本当スーパーって処分販売よくやってる。

さて今回のワイン様はそういうワイン様で、名をアルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011と名乗る売れ残り様。

アルベール・ビショー社では、ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン、というドメーヌを所有していて、そのドメーヌ・デュ・クロ・フランタン、の昔の所有者がナポレオン1世の第1将軍、ルグラン将軍にちなんで造られるからこういう名前だって。

そんなトリビアな情報、ワイン名に付けちゃうところがフランスワインっぽいといやそうなんだけど、もっと正直な感想言うと

「長い名前だなあ( ̄^ ̄)めんどくさい💢」

名前も長けりゃ展示滞留期間も長いってわけで処分販売てなわけですな。

うまいっ!

でもね、ヴィンテージは2011年。これから飲み頃を迎えるって感じじゃない?どれ位売れなかったんだか知らないけどこんなのを処分販売するなんてね。スーパーってところは物を知らないというか何というか・・・まあだからハイエナ顧問が活躍できるんだけどさ。

という背景があってハイエナ顧問が約半額でゲゲトした例によって特価の部類のお品(¥5000台→¥2550)です。

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011グラスアルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン・ラ・キュベ・デュ・ジェネラル・ルグラン2011ディスク

 

 

 

 

 

 

 

粘性は強い。レッグスの落ち方がとてもゆっくりしている。ピノ・ノワールにしてはガーネットに近い濃い色だがレンガ色にも近付いている。熟成を感じる色合い。(2011年だけど!)ブルーベリーやプラムの香り、ナツメグも感じる。ふくよかな甘み、ソフトな酸味、スムーズなタンニン。白ワインのような微かな苦味がアクセント。

とても美味しい。文句なしに星4つ。

とても美味しかった。めでたしめでたし。

 

なんだけど、読者の皆様にご忠告申し上げます。

これたまたまだからね。

はっきり言って博打です。

 

白っぽい店舗証明ピッカピカ、温度管理、湿度管理まるでなし、の状態で長期間展示して挙句、売れ残る。(スーパーで売れる価格帯じゃないんだろうよ)

こんなんだもん劣化しててもおかしくない!

赤ワインが劣化するとどうなるかといいますとしょっぱくなる場合があります。ダメダメという意味の「しょっぺー」。じゃっなくて本当に塩味がする。

つまりしょっぱくてしょっぺー訳。

うまいっ!うまかないよ。しょっぺーよ。

でもこのワインは劣化してなかったですよぱちぱち。たまたまね。

ここでハタ、と気付くわけです。

スーパーってところは物を知らないんじゃなくて

自分の店の限界と購買層をよく知っているんだということを。

 

「寝かしたくてもその環境がそもそもないのさっ」

「寝かしといても将来にわたってもうちの客でこんなのを買う客なんて現れないのさっ」

 

って、言いたいんだろうね。ああ可哀想。

【2018年1月28日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

サン・テミリオンなんかこわくない

今回はAOCサン・テミリオングランクリュのシャトー・ラ・コンフェッション2013

 

で、まあこのワインのことをあれこれ書く前にですね、ちょっとしたニュースを

祝YouTube1000アクセス

わたくしのYouTubeチャンネル『顧問 winevinvino』が1000アクセスを獲得しました。

            

  顧問 winevinvino

          ↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??

ゼロ2つばかりまちげてねえか?

まちげてねえす。

 

まあ顧問の動画なんてこんなもんですよ。

逆にワインのサーブだの辛口オリーブオイルのレシピだの地味な動画ばかりで1000アクセス行っちゃうほうが驚きですね。

しかもアップした動画たったの14個ですよ。

一方このブログはどうかというと38個も記事書いてるのに・・・

悲しくなるから出したくないので出さないけれど数字で言ったら

同じような時期に始めてたったの〇〇〇〇アクセスですよあうあう。

 

しかも色々研究してワイン買って写真撮って

セラーで保存して抜栓して写真撮って香りを感じて言葉におきかえて書いてワイン回して変化した香りを感じて言葉に置き換えて書いて味わって果実味、甘味、酸味、タンニン、を言葉に置き換えて書いてアフターがどんなだか書いてアルコール感の強い弱い書いて全体の印象を書いて(注1)

そんなんで出来た自分の書いたテイスティングノートを推敲して記事にして写真アップして地図貼り付けて寒くて残念なギャグをひねり出してブログにまとめて

精魂込めて作ったブログが〇〇〇〇アクセスですよあうあう。

一方YouTubeの方はただ撮って(多少編集はしてるけど)UPしただけ。ワイン系の動画はこのブログに全て貼り付けてるのでそれ以外をご紹介しますとですね。

 

例えばこんな動画

あるいはこんな動画

 

ね!毛抜きでしょ。違う違う手抜きでしょ。見てくださってる方ってどんな方なんでしょ。

さてワイン。今回のワインは

サン・テミリオン!

グランクリュクラッセ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロンサックとかコート・ド・カスティオンとかの周辺の田舎じゃなく本物のサン・テミリオン!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには安ワイン以外も飲みます。

だってワインマニアだからごくごく。

たまにはブログでもYouTube並みに手抜きすることにします。

だって不人気ブログだからフンッ。どうどう。

美味しい。ぐびぐび。

 

 

(注1)スマートなとか、グラマーなとか、骨格のしっかりしたとか、力強いとかそんないいかたしますね。

(後記) 本当はここで終わればスマート???なんだろうけど取りあげたワインをリピートするかどうか自分のための忘備録の意味もあるのでテイスティングメモを。買ったのはコストコ。相場の30%以上の値引き。超特価の部類かな。アッサンブラージュはメルロ40%、カベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%。透明感のある明るいルビー色。強い粘性。レッグスがエッジの手前で一時停止してさらにゆっくり落ちてゆく。こんな落ち方するのは初めて見た。香りはカシス、プラム、ダークチェリー。第二アロマにバターの甘い香り。味わいはほのかな甘み、さわやかな酸味、とてもスムーズなタンニン。アルコール度数13%のわりに軽いアルコール感。スマートなボディ。うみゃい。星よっつ。

【2017年10月8日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

カスティーリャ・イ・レオンなんかこわくない

トーレスセレステクリアンサ2011リベラデルデュエロ

 

トーレス・“セレステ”・テンプラニーリョ・クリアンサ 2011
今回はスペインのカスティーリャ・イ・レオン州のワイン。DOはリベラ・デル・デュエロ。

買ったのはいつものヨークマート。
これは900円OFFしてさらに20%引きするという太っ腹

最初の値付けも安かったんだろうな。もうエノテカの値付けの約半額だよ。

よっぽど売れなかったんだろうな・・・

無理もないやね、明るい蛍光灯の下で温度管理も湿度管理もしないでワイン陳列して大概のワインに埃ついてて・・・
まともなワインラヴァーだったら見向きもしない売り場だよこりゃ。
あんなに大量に仕入れたって誰が買うんだか?

俺が買う(挙手っ!)

売れない

売れない売り場だから手なんかかけてらんない

埃だらけ

売れない

毎週土日20%OFF

それでも残る

処分値引き

飢えたハイエナみたいなワイン馬鹿がすかさず買っていく

普通の値付のワインは残ったまま

最初に戻って(売れない)

多分こんな感じの負のスパイラルまっただ中で買われたワインがこれだっ

 

トーレスセレステクリアンサ2011リベラデルデュエロボトルトーレスセレステクリアンサ2011リベラデルデュエロエチケット

 

 

 

 

 

 

 

スペインのテンプラニーリョのワインは1000円台のものしか飲んだことがなくてもう少し上位クラスを試してみたいなと思っていたので3000円台のものがゲット出来てチョーうれし

トーレスセレステクリアンサ2011リベラデルデュエログラス

 

 

 

 

 

 

 

 

粘性が強くてレッグスが消えない
透明感のあるルビー色
ベリー系の香り。
カシスじゃないなラズベリーあたり
余韻は長く、アフターに別の香りがやってくる
ブラックペッパーあたりのスパイシー感とヴァニラ香
ソフトな酸味、柔らかいタンニン

トーレスセレステクリアンサ2011リベラデルデュエロディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

先ず色に感心。
透明感のある青みの強いルビー色。ありそうで結構ない。
青の色調が残ったまま透明感を出すってのは他にツヴァイゲルトでできたワインで見たことがあるくらい。
トーレスってあんまりいいイメージなかったんだけどこれは美味しかった。

さて今回はいつも違うところがありんすけど。どこでしょう?

ブックマークしようとして
「なんだこのブログ、ワインのこと何か参考になるかと思ってたまに覗いていたけどブログ主の自己満足饒舌ばっかりじゃないああ下らない」と
ブックマークを思いとどまったそこのああた

気が付いた?初登場のグラスだよ。

普通に楕円の滑らかな曲線じゃなくあえて角度を持たせたグラス。
前から欲しかったけどあえて買う気にはなれなかった。
ところが不注意でボルドーグラスを割ってしまい。
丁度入れ替わりに入手できたグラス。

このグラスちゃんがどうやって家の子になったのかは

明日のこころだ

【2016年4月29日公開 消費税8%】