連作ワイン劇場「ワイン長屋の人々」第1話:おとっつァんと冬のリヴィエラ

ルイロデレールコレクション242

ルイ・ロデレール・コレクション242

 

「おとっつァん、おかゆができたわよ」

「おお、いつもすまねえなあ」

「おとっつァん、すまんが口癖になってるわよ」

「しかしなあ、すまねえと思ってるんだよ。定年と同時に腰を悪くして働けなくなって・・・焦って退職金を株に注ぎ込むなんてエ真似をしたあげくのこんな長屋の貧乏暮らし。こんな真似をしなけりゃ贅沢は出来ねえが普通の暮らしは出来たものを。しかも慌てて売っちまった後で直ぐに相場が戻るなんて。つくづく情けねエ」

「おとっつァん、それは言わない約束じゃない。みんなコロナが悪いのよ。おっかさんだってグチ一つ言わないじゃい」

「それにこいつよ。若い(わけえ)頃の道楽がやめらんなくて・・・こんな狭エ長屋にこんなでけえワインセラーなんか・・・

「おとっつァん、それも言わない約束じゃない」

「いや、おとっつァん覚悟を決めた。中のワインとワインセラーを全部売っちまって・・・」

「ばかっ!」

ビシィー

「てめえ、なにしやがる。親に手エあげるたあどういう了見だ」

「ばかばか。おとっつァんのばか」

「・・・」

「おとっつァん、いつも言ってたじゃない、俺は遠峰一青より偉えワイン評論家になるんだ(注1)毎日(まいんち)ワイン飲んでんのは伊達じゃねえぞ。1本1本が修行なんだって」

「でもなあ還暦過ぎても、ワインエキスパートにも擦りもしねえおとっつァんだ。遠峰の野郎の背中も見えやしねえ」

「ばかばか」

ビシィー

「痛えなあもういちいち叩くなや」

「おとっつァん、いつも言ってるじゃない。俺は100まで生きるんだ。60、70なんてな若造だって。まだ30年以上あるのよ。なんだってできるじゃない」

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

「そうだな、お房、おめえの言う通りだ。おとっつァんが間違ってた。20年や30年ワインエキスパート落ちたからって自棄になっちゃあいけねえってこった。しかし娘に教えられるたあ、おとっつァんもヤキが回ったな」

「わかってくれればいいのよ」

ビシィー

「いてえなあ。あのすいませんここ叩くとこですか?」

「すまねえなあ」

「こいつあ一本取られた、娘に口癖真似されちまった。なんか愉快だなおい、ワインでも開けるか」

「おっかさん、おとっつァんワインだってよ」

「よし、今日はおとっつァんの再出発の門出だ。おっかあ!スパークリング持って来つくんな」

「あいよカバかい?」

「なにをトンチキなことを言ってやがんのかね、しょうがねえ。晴れの日にはシャンパーニュよ」

「わかったよ、おまいさん。ルイのロデだね」

 

 

ルイロデレールコレクション242ボトル・ボックス

ルイロデレールコレクション242ボトル

ルイロデレールコレクション242エチケット

 

 

「お房、抜栓してサーブしつくんな」

「おとっつァん肴はどうすんの?」

「おめえの作っつくれたおかゆがあるじゃねえか」

 

ルイロデレールコレクション242グラス

ルイロデレールコレクション242ディスク

 

 

おとっつァんは思った。

む・・・・・うめえ。

こいつあ並のシャンパーニュじゃねえ。

銀6匁越えなんてえ、べらぼうなおあしでも不思議はねえ。

 

こうつあ

こいつあ

コードネーム冬のリヴィエラだ!(注2)

 

第2話へ続く

 

 

(注1)遠峰一青・・・ワイン飲んだだけで時空を超えてどこへでも飛んで行く、イっちゃってる漫画のイっちゃってる登場人物の一人です。

こんな顔 ⇓

 

神の雫
created by Rinker
dtmn2033-22

 

(注2)何を言いたいんだかちっともわかりませんね、筆者(顧問)もよくわかりません、ワハハ。フィクションてなこんなもんです。キャラクターが走り出したら止める術(わざ)なんかありゃしません。高名なスパイ小説と高名な演歌の名曲が出典みたいですが・・・ワインのせいでいつも意識が混濁してるおとっつァんの言うことです。気にしないでやってください。

 

リヴィエラを撃て
created by Rinker
dtmn2033-22
冬のリヴィエラ
created by Rinker
dtmn2033-22

 

 

【2021年12月25日公開 消費税10%】

 

ルイ・ロデレール コレクション 242
created by Rinker
dtmn2033-22