750mlのワインなんかこわくない

シャトーメルシャン藍茜2016

 

シャトーメルシャン藍茜2016

 

シャトーメルシャン藍茜2016グラス

 

 

 

 

 

 

 

シャトーメルシャン藍茜2016ディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は珍しくティスティングの感想から入ります。
透明なディスク。コアからリムまで均一なルビー色(ラズベリーレッド)粘性は中程度。先ずスミレ次にイチゴ、スワリングするとプラムの香り。味わいはかっちりきっかり酸味。イチゴの香りと酸味からマスカットベリーAの特徴を感じますが、マスカットベリーAはどうしても香りが単調だったりする所をメルローが複雑さを演出してるって感じです。タンニンなし(笑)ないと言った方が正しく伝わるような。一瞬ピノ・ノワール?と呼びたくなるようなエレガントな作りです。メルロー60% マスカットベリーA40%でピノ・ノワール激似のワインを作っちゃうなんてやるもんだねえメルシャンさん。藍茜ってこんなワインだったかなあ? 化けましたな。

 

 

シャトーメルシャン藍茜2016ボトル

 

 

 

 

 

 

 

シャトーメルシャン藍茜2016エチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、よくわからんタイトルのこと説明しますね。

日本のワインを買うときに裏のエチケット見て・・・やっぱり720mlだっ!ものすごく残念で泣きたくなって、なんだい日本のワインなんて買うもんかっ!と大声で叫びつつ買ってました。(注1)

なんで日本のワインて720mlのが多いのでしょうか?どうもこの720mlてえ奴は4合瓶、古くは4合升からきているそうで、どうにもしょうがない(注2)

ところがっ!藍茜は750ml。もうこれだけで好印象。仮に不味くたって「美味しいっ!」て言い切っちゃいますよ。

 

シャトーメルシャン藍茜2016裏エチケット

 

 

30mlで魂を売る男、顧問です

 

あ、すいません勢いで言ってます。美味しかったです、このワイン。

価格について触れときます。今回購入したのはフーズマーケットセレクション青葉台店というCGCグループの1店舗。値付け間違ってない?
税込1500てかなり頑張ってるじゃない?セールでもないのにがんばってるう!ただまあ送料の問題を抜きにすればネットの酒屋さんのほうが安いけどね。

 

ついでに30mlの差って金額ならどの位の差なのか検証してみます。このワイン税込1500だったので1500÷750×30=60円。

720mlで1500円だったとして。1500÷720×30=62.5円。30mlだと60円対62.5円。あ、意外に差が出ないな?2.5円かあ。

この心の揺らぎ、葛藤、大騒ぎは2.5円だったのね。

 

 

2.5円で魂を売る男、顧問でした

 

 

 

(注1)買うんかいっ!って突っ込んでね(^_-)

(注2)「〜〜てえ奴は」と来ると「どうにもしょうがない」と決めたくなる。まことにこの落語贔屓てェ連中はまあ大変なもんで・・・6代目三遊亭圓生がワインを飲んだなんてェ記録はないんでございますが。

【2019年3月8日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

ローヌなんかこわくない3

ギガル・コート・デュ・ローヌ・ルージュ2013

おなじみヤオコーワインの日にて20%OFFで。もっともネットの酒屋さんもっと安く売ってますけどね。問題は送料だよな。旨いと分かりきってるワインなんだからまとめ買いするしかないかね。

 

さて

ローヌのワインて北と南じゃだいぶ違うんだ、と分かってきたので(注1)タイトルを変えようかな、と思わんでもなかったのですが・・・・・

以前取り上げたヴィエイユフェルムの白、赤のワインはそれぞれヴァントゥー、リュベロンという南ローヌの狭小AOCだからこの2つのタイトルを「南ローヌなんかこわくない」に変えてみてもいいんだけどそうすると、北ローヌのワインを取り上げなきゃバランスが取れないですよね。当然タイトルは「北ローヌなんかこわくない」

でも今回みたいにギガル飲んじゃうとね(^。^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギガルって

①広域AOCのコート・デュ・ローヌだけど十分美味しい。

②「コート・デュ・ローヌにしては珍しく北ローヌのスタイルのワイン」なんてwikiに名指しで紹介されてる

ギガルのコート・デュ・ローヌ飲んどきゃ北ローヌのワインなんか飲まなくてもオッケーじゃん。と暴論吐いてるのは誰だ俺だ。と、言うわけでタイトルはローヌなんかこわくない3です。南北ローヌを分けるのは当分見送りとなりました。

ギガルを取り上げるのって勇気いるよね。大概の人が「美味しい」と言ってるワインなんて、なにを今更って思われるだろうし、新たな発見なんて逆さに振っても出んですよ。

コノスルのヴァラエタル(ビシクレータ)(注2)も同じようなものだけれど「セントラルヴァレーなんかこわくない」は、だから思い切りフィクションの世界へ飛んだのだったっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その手があったな。

 

ええと日本の首都圏からローヌの方角調べましょうか。

ほうら雲行きが怪しくなってきた。真面目そうな書き出しで大丈夫か顧問?と思われた当ブログの読者の皆様。ご安心ください。

 

ここからちゃんと脱線島津77万石!

 

日本の首都圏からはローヌは北北西330°

では一斉に北北西に向かって◯ッ◯ー◯ローヌ

 

・・・・・いい加減にします。このまま続けるとあらぬ所まで行きそうなので。

 

あっという間に脱線尾張61万石!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティスティングコメントっす。

アッサンブラージュはネットの情報から。グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル。透明感のあるルビー色(もしくはラズベリーレッド)(注3)粘性は強い。ブラックベリーやカシス等の反爽やか系のベリーの香り。シダ、ピーマン、土。なんかを色々感じる。味わいは果実味もあり酸味もありの全方向。一体感のあるタンニン。アフターにスパイシーな香りと味わい。14%にしては軽いアルコール感。全体にスマートなボディ。軽くないのに重くない。うみゃいです。

テイスティングコメントで終わりにするって一度やってみたかったので終わりにします。

終わり方の鮮やかさが際立つでしょ。

名文ぽいでしょ。

自分で言っちゃあお終いでしょ。

終いですFINでごわす。

 

 

(注1)今まで知らなかったんかい?

(注2)ずっと公式にはヴァラエタルと言ってて、一方ボトルにはビシクレタとのみ書いてて、最後はビシクレタと(ヴァラエタル)と併記するの、なんかごまかしてませんか、コノスルさん。美味しけりゃ何でも許されると思ってんのかい?許すけどさ、美味しいから。

(注3)これもね、ルビー、ガーネット論争に終止符を打つんじゃなくラズベリーレッド(ピノ・ノワールとかガメイ)ダークチェリーレッド(カベルネ・ソーヴィニヨンとかシラー)という新しい用語を教本に出すなんて、なんかごまかしてませんか、ソムリエ協会さん。いいんだけどさコンセンサスが形成されて分かりやすくなるなら。

【2018年12月8日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

 

西ケープ州なんかこわくない

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016

スターク・コンデ・ヴィンヤード・セレクション・カベルネ・ソーヴィニヨン2016

後ろ姿が美しい女性っておらしゃりますよね。

というか人種、年齢、出自、性格、全て関係なく、全ての女性は後ろ姿、素敵だと思ってます(暴論承知反論無視)

なんの振りなのかというとワインの裏のエチケットの話。(無茶振り承知反感無視)

女性の後ろ姿に比べてワインの裏エチケットって、しょうもないの多いですよね。どうかすると裏エチケットは家電の取説みたいに無味乾燥なのとか、貼ってないのとか。

そんな中でも裏エチケットで好印象だったワインを紹介しますね。

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016ボトル

 

 

 

 

 

 

 

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016エチケット

 

 

 

 

 

 

 

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016エチケット2

 

 

 

 

 

 

 

英語が優しーい。中学で習った英語で行けそう。

Stark-Condé

Vineyard Selection

CABERNET SAUVIGNON 2016

Stark-Condé Wines is a family-run winery dedicated to making quality wines. Our Vineyard Selection Cabernet Sauvignon is made from grapes from premium Coastal Region vineyards. An elegant, full-bodied Cabernet with classic dark berry and cassis aromas. Palate-pleasing flavours of black currant, sweet cherries and mild oak spices, rounded off with fine tannins.

 

スターク コンデ

ヴィンヤードセレクション

カベルネ ソーヴィニョン 2016

スターク コンデのワインはもっぱら本当(ンとう)にいいワインを作る、主人と家族とちいとばかりの奉公人だけのちいせえ家(や)で商(あきな)って参(めい)りました。手前どものカベルネソーヴィニョンヴィンヤードセレクションは(南アフリカ西ケープ州の)海(うみ)ん近くの本当(ンとう)にいいぶどう畑でつくったもんでございやす。ブラックベリーや黒すぐりの香りがする品(しん)のいいフルボディのカベルネソーヴィニョンで拵(こしれ)えたもんです。良(い)いタンニンの連れとして黒すぐり、甘いイチゴ、柔らけえオーク樽の樽香なんてェ奴らが揃っとりやして、全体の器量をまとめとりやすへい。

 

以上、昭和期に於ける江戸弁の継承研究家である(注1)顧問の翻訳でした。

意訳もいいとこですな。

Coastal Regionなんて南アフリカの原産地統制呼称の1区分なんて江戸弁にしようもないやね。(注2)

でも大意は外してないでしょ?(注3)

さてテイスティングコメントですが裏エチケットで香りも味わいもほとんど書かれちゃってるけど、付け足すならヴァニラの樽香とスパイシーな味わいかな。

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016グラス

 

 

 

 

 

 

 

スタークコンデヴィンヤードセレクションカベルネソーヴィニヨン2016ディスク

 

 

 

 

 

 

 

地図行っときます。

コースタル・リージョンはケープタウンの右、町で言えばステレンボッシュやパールなんていう町のあたり、一帯の地方のこと。(地図広げたり縮めたりして町の名前出してね)

 

ただ一つ疑問が

 

ブラックカラントとカシスって別のものだったのか?今回どちらも黒すぐりにしてはおいたけど。

文中カシス(cassis)とブラックカラント(black currant)が両方出てきて混乱してしまったので、念のため辞書を引いてみました。

(cassis)はフランス語。仏和辞書引くと「黒すぐり」とある。

(black currant)は英語。英和辞書引くと「黒すぐり」とある。

だよねえ、記憶違いじゃなかった。

なんでわざわざ英語と仏語両方書いてるんだ?

それとも(cassis)という果実が(black currant)とは別種として英語表現(cassis)として存在していると思ってるのかな?

辞書引いてかえって混乱してしまった。顧問の語学力ではこのへんが玄界灘。

 

そういう時は寝る

もとい

飲んで寝る

ぐびぐびスヤスヤ。

 

 

(注1)ぶっちゃけ落語ファンです

(注2)Region(リージョン、または地方)= 最も大きい原産地区分の中の一つ。原産地呼称コースタル地方、てな感じかな。

(注3)外してたらごめんなさい。ご指摘ありましたら是非お問い合わせページへ。

【2018年5月27日公開 消費税8%】

 

 

 

 

 

 

 

ピエモンテなんかこわくない

ミケーレキャルロバルベーラダスティレオルメ2014

ミケーレ・キャルロ バルベーラ・ダスティ レ・オルメ[2014]

最近ブログを読み返してふとおもったのですが、ピエモンテ州のワインを取り上げたことなかったんだな。と、気付いてしまった。

イタリアワイン色々取り上げときながら、どうしたことか?

まあ理由は簡単ですよ

ピエモンテといえばネッビオーロ。ネッビオーロといえば

高い
したがって買う頻度低い
したがって絶対量すくない
したがってブログ記事にする機会を失する(注1)

ブドウ品種≒高い
なんてなネッビオーロ位でね

例えばカベルネソーヴィニヨン
5大シャトーやナパのやたら高いのからチリカベ(注2)までピンキリだし

例えばメルロー
帝王ペトリュスからチリメル(注3)までピンキリだし

例えばピノ・ノワール
神の領域DRCからチリピノ(注4)までピンキリだし

白ワインのシャルドネもムルソー(コシュ・デュリの・・・とか・・)なんて高いのからチリシャブ(注5)までピンキリですね。

大抵のワインは何万、何百万するのから1000円切るワインまで色々あるわけですわ。ところがネッビオーロだけは1000円切るワインがない。

普通ワインてのは品種で価格が変わるわけではなく、育った環境で(地域とか気候とか作り手)で大きく価格が変わるわけなんだが、ネッビオーロの奴だけはそもそも人種が違うと言いたいわけだ。

 

お生まれが違いますのよっ!オホホホ!

 

と言ってるわけだああむかつく。

でもねー、むかつくけど美味しいんですよバローロもバルバレスコも。なんとかしてネッビオーロ種で(安くて)美味しいのないものかと苦慮黙考呻吟熟慮していた顧問が、会社帰りの駅の途中のカルディコーヒーファーム西船橋店に立ち寄ったとおもいなせえ

ああっ!ミケーレキャルロだっ!ここのバローロは美味しかった!

バルベーラ・ダスティ?なんだそりゃ?(注6)

DOCGでないの!

あわててスマホで調べたら

バルベーラってブドウ品種なのね

高品質が認められて最近DOCからDOCGに昇格したのね

このさいピエモンテ州のワインならネッビオーロ以外でもいいから試してみようじゃないの

買いました。

ミケーレキャルロバルベーラダスティレオルメ2014ボトル

 

 

 

 

 

 

 

ミケーレキャルロバルベーラダスティレオルメ2014エチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

地図貼り付けますね。

トリノの南東82km、アスティの南東28km
DOCG バルベーラ・ダスティ地域内にあるニッツァ周辺にはバルベーラ種の葡萄畑が広がり、ピエモンテでも有名な赤ワインの生産地。(出典イタリア政府観光局・ニッツァ・モンフェッラートとバルベーラ)とあって

作り手ミケーレキャルロはニッツァ・カレッリにあるので

だいたいこの地図のど真ん中あたりでしょう。

ミケーレキャルロバルベーラダスティレオルメ2014グラス

 

 

 

 

 

 

 

 

ミケーレキャルロバルベーラダスティレオルメ2014ディスク

 

 

 

 

 

 

 

青みの強いルビー色、いろいろなベリー系の香りと少しすみれの香り、ほのかな甘みとこなれたタンニン。若干のスパイシーさ。酸味は押さえめでよくできた白ワインのようなミネラル感がある。アフターに強く樽香。豊かなアルコール感。これだけいろいろな要素を盛り込んでいても、全体の印象はスマートなボディ。

いやあ美味しいっす。

ちなみに価格.comあたりで調べるとありますねえ1000円切ったワインが。そうこなくっちゃいけねえ、それでこそブドウ品種ってもんだ。ネッビオーロなんかに惑わせられない。バルベーラこそ赤ワインさ!

例えば仮に好きなほう飲んでいいよっってことになって、目の前にバローロリゼルヴァとバルベーラのグラス出されたら・・・・・・・

今までの顧問だったら迷わずバローロリゼルヴァに手を出していたろうけど、今日からの顧問は・・・・・・・・・

ミケーレキャルロ バローロ トルトニアーノリゼルヴァ2007
2015年4月に飲んだバローロ・リゼルヴァ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりバローロリゼルヴァ選ぶに決まってんじゃないの。

高いワインは美味しいのだ!どすこい。

あーあ、身も蓋もない。

 

 

 

(注1)まさかと思いますが飲んだワインすべて記事にしてると、お思いじゃないでしょうね。記事で取り上げた本数×10位は飲んでますので。(記事数×10じゃないよ)

(注2)チリのカベルネソーヴィニヨン

(注3)こんな言葉ありません、間違っても使わないように。

(注4)チリのピノ・ノワール

(注5)こんな言葉もありません、間違っても使わないように。

(注6)どんだけ無知なんだか

【2017年6月10日公開 消費税8%】