ワインセラーなんかこわくない

SB22全体

 

ご無沙汰しておりました顧問です。

旅行記をアップして以来ちっとも更新せずに何してたんだよ、とディープな読者からお叱りを受けたので(幻聴)更新することにします。

いやー。なんか書く気になれなくてね。

例のパンデミックの影響もあるんでしょう、「笑いの神」が降りてこなくて、書き出してもまあつまらん。「あはは、可笑しい。面白い。俺って天才!」が発生しないんです。

 

人がどう思おうが関係なく自分で笑えないと続きが書けないっていう病気です。よくあるんだこのスランプ。顧問って思ったより繊細な神経をお持ちのようでした。ちなみに自分で自分のことを「繊細」なんて言う奴に限って実生活で無神経だったりしますよね。

 

す、すまん。顧問に近しい皆さん。

 

なんか、モヤモヤっと書けないでいたのに、テレワークとか始まったら、通勤時間レス分暇(しま)になって・・・身分は継続雇用、時給社員。大した仕事してない→そこ持ってきてテレワーク→スランプでブログ書かない→落語に出てくる大旦那の御隠居みたいに

 

暇(しま)

 

で、暇(しま)な人(しと)のトレンドは、ジョギング、お料理、片付け、と言うことみたいで。ご多分に漏れず顧問も部屋の掃除や片付けなんぞに勤しんどりました。

 

使わなくなった無用の品々を引っ張り出して、仕分けして、捨てて、掃除して。

 

が、しかーし。

 

そおいや、こんなお宝持ってたっけ、なんて手を止めて。

 

ブーニンのサイン
第11回ショパンコンクール優勝者 スタニスラフ・ブーニンのサイン

 

「イヤー懐かしいなあ」なんて手を止めてたら片づけなんか進むはずないじゃない

 

うわっ結婚式&二次会&新婚旅行の写真だ

「俺もかかあも若いなあ」なんて手を止めてたら片づけなんか進むはずないじゃない

 

でもいい暇(しま)つぶしになりました。

 

そうこうしているうちになんですか、幕府(ごこうぎ)があっしらに一人10万円を下賜(かし)くださるなんてェ粋なお計らいのニュース(お触れ)が出ましたな。こちとら江戸っ子なんで(注1)そいつを財布(せいふ)にしまうなんて料簡はもちあわせちゃおりませんで。

 

パーッと使っちまわな!

 

ワインセラー買うっきゃありゃしません。ペルチェ式の10本入りなんてエ野暮なセラーとこれでやっとおさらばできるってもんでさ。片づけに精出しのおかげでそん位の空間(あき)は出来とりやした。

 

そんでもって買いました。高っかいワインセラーを。前(めえ)から目(め)え付けといた「さくら製作所株式会社」てえ大店(おおだな)のSB22なるワインセラー。こんなんです

 

SB22扉を開けた姿
扉を開けた姿:セラー買い替えのためにワインは買い控えていたのでスカスカ

 

 

SB22庫内灯店頭
庫内灯を点灯した姿:スカスカだけど飲むに飲めない熟成中高級ワインがチラホララ

 

まあでも高いったって中に入ってるルイ・ロデレール ・クリスタル・ロゼ2009だのムートン・ロートシルト2015だの、その他もろもろの合計の四分の一程度のもんですがね。(注1)安いもんですよへらへら。10万円の給付がきっかけのくせによく言いますわな。

 

SB22のスペック行ってみます。

 

ボディカラー      ブラック

扉タイプ        3層構ガラス扉(Low-e)ガラス

扉開き         右開き

収納本数        22本

外形寸法mm      幅380×奥行×527高さ710

設置寸法mm         幅420×奥行×527高さ760

定格内容積       55L

庫内灯         LED灯

電動時の定格消費電力  74/84W

電熱装置の定格消費電力 50/54W

年間消費電力量     144/146kWh/

設定温度        0℃~20℃

製品質量        34kg

 

 

スペック表見るだけではよく分からないので「さくら製作所株式会社」のホームページから詳しい【売り文句】を拾ってみると

 

  • 特許技術「 バンクショットクーリングテクノロジー」冷気を絶妙なポイントに当て庫内全体に拡散させることでワインを均一な温度で管理することができるとか
  • 低外気温時用パワフルな『加温ヒーター』搭載とか
  • 紫外線カット(99%カットだって!)、外気の熱カット、冷却効率アップ、庫内灯の明るさキープ等々してくれる『建材で使用されている遮熱用』のLow-Eガラスを使った3層構ガラス扉とか

 

む・・・・・・・・・

 

 

  • あと、ホームページのどこにもここを【売り文句】にしていないんだけど、外形寸法と設置寸法で奥行きが同じ長さ(527mm)になっているところは注目。これつまり背中は壁ピッタリ設置ができるってこと。この価格でこれは点数高いよねえ。

 

他にも

 

  • 静か。コンプレッサーの音なんかほとんど気にならない
  • 保証・修理・サポート体制の充実。冷媒循環回路なんか3年保証してくれてる。修理・サポート体制のことだけで取説に2Pにわたって詳細に説明。コールセンターの電話番号、メールアドレスも1ページを使いデカデカと表示。
  • まあこれはコンプレッサー式はみんなそうだろうけど。夏の真っ盛りはどんなに低く設定しても20℃以下にならないもうっペルチェ方式のばかっ!なんて心配はない
  • 定期的に水がたまる(結構大量)ペルチェ方式のかばっ!なんてこともない。今まで特別ひどいセラーを使っていただけかもしれませんが

 

正直、他メーカーでこれより1周り大きいだけで30本入るワインセラーもありますよ(しかも1万円くらい安い)。ただ以前(老舗)SNSでソムリエのフォロワーにワインセラーの件で相談させてもらったとき「故障した時のことを先ず考えるべきです。セラーは冷蔵庫とは比べ物にならない高額品が入ってるんでしょ。信頼できるメーカーのを選ぶべきです」とアドバイスもらったのが記憶にしっかり残っていて、商品選定の大きな部分を占めたわけです。設置してから約1か月たちましたが・・・・

 

SB22(さくら製作所株式会社)

 

む・・・・・・・・・

むむ・・・・・・・・・

むむむ・・・・・・・・・

今のところ文句の付け所が見当たんないす。

 

最後に全景写真なんぞを

SB22ワインセラーとスーツケースラックが合体

 

ワインセラーはいいけど、その上の棚みたいなのと、スーツケースは何?

とお思いでしょうか。すみませんこの写真は次回の記事の前振りです。予算10万あるのになぜにもっと大型のを買わなかったのかの説明も含めて次回は日曜大工について熱く語ります(本当にこれワインブログなのだろうか)

題して

「DIYなんかこわくない」

 

 

 

(注1)見栄エ張りました。勘弁しておくんなさい。下総(しもうさ)の民草(たみぐさ)でござんす。

(注2)経済的に恵まれないサラリーマンのくせになにゆえこんな高級ワインを持っているのかはこちら

この記事だけ読むと、くじ運の良さだけのフリをしてますが、実は秘密のノウハウがあります。ブログ上に期間限定記事を載せるとか、掲載広告経由で何かを成約していただけたらプレゼントメールを差し上げようとか、色々考え中.

【2020年6月6日公開】